学校では実習もあり、基礎的勉強もしました。

臨床検査技師になるための学校に行っていたとき、病院での実習がありました。

 

学校では、講義があり実習の部門とがありました。

 

国家試験科目の勉強をしていました。あとは、基礎的な勉強をしていました。

 

臨床化学というのが国家試験だったと思うんですが、その臨床化学以前の生化学とか有機化学、無機化学という基礎的な勉強ですね。

 

それからアイソトープ・放射線というような科目もあったわけです。他には物理などです。

 

臨床微生物検査というのがありますが、それ以前の細菌とかウイルスとかDNAなどの科目を勉強していました。

 

こうした国家試験となるような科目以前の基礎科目もやっていたということです。

 

医学英語もありました。

前後のページ