ガン細胞の発見には経験と勉強などが必要

ガン細胞を顕微鏡で人間の目で見て発見できるかどうかは、臨床検査技師としての経験によるでしょう。

 

どういうのがガン細胞なのかということを、細胞診(さいぼうしん)で、ちゃんと勉強していないといけません。

 

ガン細胞を発見するというのは、人間が、経験と勉強によってできるようになることの一つです。

 

経験も大切ですし、常に勉強を続けているということも大事です。

 

ガン細胞が、どういうものなのかというのを頭に叩き込んでおかないといけません。

 

ガン細胞の形態を覚えます。

 

病理のなかで細胞診検査士というのがあります。ガン細胞かガン細胞でないかを見分けます。

前後のページ