だんだんと「チーム医療」が大切になってきている

でも、今は、だんだんと医師も看護師も臨床検査技師も、お互いが協力していかないといけないようになってきているんじゃないでしょうか。

 

「私は医者だ!」みたいな、お高くとまった感じで、いばってばかりというのは、都会では少なくなってきているという印象です。

 

いばってばかりでは、協力しての治療というものが、できにくいですよね。

 

現代の治療は、一人の患者に対して、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師などが協力して治療にあたるというのが一般的になってきているのではないでしょうか。

 

いわゆる田舎のようなところでは、まだ医師は絶対の存在みたいな感じで「お医者様」という感じになっているところもあるかもしれませんね。

前後のページ