自分自身への感染の心配は?

これから臨床検査技師になりたいという方のなかには、自分への感染が不安ということを考えているかたもいらっしゃるかと思います。

 

多くの患者の検査や病院での勤務なら病院内の検査をすることになるだろうからですよね。

 

では、臨床検査技師自身は、自分への感染を防ぐために、どのような対策をしていたかということが気になるところです。

 

私の場合は、ちゃんと手袋をしたり、消毒液を使ったりなどのことをしていました。

 

臨床検査技師自身に感染してしまうということになると、患者間にも感染させるということになってしまいます。

 

臨床検査技師自身が感染した状態、汚れた手の状態のままで、どんどんと多くの患者の検査をしていくと、多くの患者に感染していってしまうということになるということです。

 

だから、一人の患者を触ったら必ず手洗いをして次の患者にいくようにします。

 

出勤したら、まず手洗いをするということもあるでしょう。

 

一患者に一回手洗いをすることが大事。

前後のページ