患者の「今の状態」を知るための検査

できれば、その場ですぐに検査結果が出るほうが、もちろんよいでしょう。

 

すぐに検査結果が分かるということは、その今の今日の患者の状態はどうか、今の身体の中はどうなっているのかというのが分かるということになってきます。

 

患者の「今の状態」を検査結果によって知ることができれば、その状態に対応した治療を早くに行うことができるということになります。

 

お薬の量を決めるなどの方針が決まってきます。

 

体中に薬の量がどれぐらいあるかというのを薬物検査というので把握していきます。

 

身体の中に、どれだけ有効な薬剤が今あるのかということを薬物検査で調べるということですね。

 

即、検査をすれば、次は、薬の量がどれぐらいでいいのかということが分かるということです。

前後のページ