忙しかったですね

30数年臨床検査技師として働いて苦労したな〜ということは、やはり忙しかったことです。

 

次々と自動分析器の新しい検査方法ができて、それを採用していくのに、もう夜、何時間も何時間も残業していました。

 

「採用していく」というのは、新しい検査方法を採用するのに、今までの検査方法と比較して、採用できるかどうかというのを検討するということです。

 

そういう仕事を、夜中11時12時ごろまでやったり、泊り込んでやったりとかしていました。

 

ものすごく残業していましたね。月に120時間以上は残業していました。

 

やはり、検査方法が次々と変わっていくのが大変でした。

前後のページ