採血もできることはできる

検査センターで、多くの病院の検査を受けているところでは、臨床検査技師は患者とは直接は会いません。

 

病院で看護師などが採血したときに、きっちりとして、そして検査センターに送ってもらうということになります。

 

病院にいる臨床検査技師が、法律に定められた範囲の量で採血を行うこともできるとされています。

 

臨床検査技師の制度ができてから、法律で定められた範囲の採血ができるようになりました。制度ができる前は医療行為ということでできませんでした。

 

今は、看護師も臨床検査技師も採血することも可能性としてはあるということですね。

前後のページ