この仕事で一番気をつけていたこと。

仕事で一番気をつけていたのは、この仕事は命に関わることなので「間違い」をしてはいけないということに一番気をつけていました。

 

どんな検査結果でも間違った報告をしてはいけないし、間違った検査をしてはいけません。

 

とくに輸血検査で、血液型や交差試験を間違えたら終わりです。患者の命に関わることです。

 

ミスを防ぐためにしていた工夫は、まずは精度管理というのをしていました。

 

きっちりと間違いのないようにするための工夫をしていました。

 

マニュアルを、きっちりと作り、そのマニュアル通りにやっていく。

 

細心の注意を払って、いつもいつも気を引き締めて、絶対患者の取り違えというのをしないということも大事です。

 

人間の目でのチェックも大切ですよね。

前後のページ