ミスは許されない

検査を、生半可で間違えてもいいやっていう感じではできません。

 

一回たりとも間違えてはいけません。間違えたら終りです。

 

「間違い」が患者の死亡につながるようなことになれば、大問題となってしまいます。血液型を間違えたりしたら。

 

臨床検査技師は、検査方法を、どんどんと覚えていかなければいけません。

 

新しい検査方法が、日進月歩で登場してきますから。1年2年〜10年もすれば、まったく違う方法となっていますから。

 

そうした新しい検査方法を覚えていかないといけません。

前後のページ