自動化とともにミスも減少

私が最初臨床検査技師となったころは、手でやる検査ばかりでした。

 

しかし、時代の変化とともに、どんどんと自動化されていきました。

 

自動化とともに、ミスが少なくなっていきました。

 

たとえば、本ならISBN番号というものがあり、その番号で管理しています。

 

そういった管理方法として、患者にナンバーをつけて管理するということですね。検体にもナンバーをつけて管理します。

 

採血と同時に管理するためのナンバーをふっていき、検査も、そのナンバーで全部していくわけです。

 

こういった番号での管理をすることで間違いがなくなります。

前後のページ