できれば理科系の勉強しておくと、してないよりは楽になる

高校によったら、化学を教えていない学校もあるようですので、そうした化学の学科がなかった学校からの進学となると、やはり、その分勉強をがんばらないといけないという状態になるのではないかという印象です。

 

高校で化学を専攻していなかった、とっていなかったので化学を習っていないという状態の人もいるようです。

 

そうした高校を卒業したような人であると、臨床検査技師になるための勉強を高校卒業後にしようと思えば、一から化学を学んでいくということになるかと思います。

 

電子を何個持っているとか、元素の表から教えるということになるわけですね。

 

臨床検査技師の専門学校で有機化学(ゆうきかがく)という科目があって、そこでは元素周期表から教えているという状態でした。

 

なぜ、そんな化学の基礎的なことが教えられていたかというと、高校で化学をやっていないという人もいたからという理由でしたね。

 

元素記号を見るだけで頭が痛いっていう状態の人もいたぐらいです。

 

たとえ高校で化学を習っていなかったとしても、臨床検査技師の専門学校などで、がんばって勉強すれば大丈夫でしょう。

 

できれば中学とか高校生ぐらいの時から化学など理科系の科目の勉強をしておいたほうが、臨床検査技師になるための勉強を将来するときに楽ですよね。

前後のページ