臨床検査技師は理科系得意な人が向いているという面も。

臨床検査技師になりたい人は、生物とか化学とか理科系の勉強が得意であり好きな人が向いているのではないかという一面もあるのではないでしょうか。

 

理科系の科目が得意でないと、しんどいのではないかと思います。

 

生理検査や病理検査などは高校生ぐらいに生物をやっていないと分からないのではないのではないでしょうか。

 

生物・化学・物理といった科目が必要となってくるでしょう。

 

心電図や脳波をとろうと思えば、電気のことをやっていないとできないと思います。

 

学生のころに、将来臨床検査技師になりたいと思っていれば、こうした理系関係の勉強をメインにやっていると、後々楽になるともいえるのではないでしょうか。

 

しかし、学生のころに文学系のことをメインに勉強していたとしても、臨床検査技師になるための学校に通学して、一生懸命勉強すればいいことですが。

前後のページ