一日、どれくらいの検査をするのか

病院の臨床検査技師は一日どれくらいの検査をするかというと、それは病院によって違うということになります。

 

何百件だったり何千件だったりするのでしょう。病院の患者数によると思います。

 

患者さんのベッドが500ベッドあれば、必ず500検体はあることになります。

 

さらに、患者さん一人で、2〜3項目あれば、1000件1500件となってきますよね。

 

病理検査であれば、手術中にとった組織を検査したり、あるいは、手術中にとった組織で、ガンがどこまでいっているかリンパ腺を全部とって、その周囲のリンパ腺を、みんな検査して、即、標本を作って、それを判定して手術室に報告して、どこからどこまでを切り取ればいいかということをしたり。

 

手術中に検査を終えないといけないこともあるということですね。

前後のページ