臨床検査技師の資格試験は難しい。

国家試験は、やはり、難しかったですね。

 

今も、臨床検査技師の国家試験は難しいのではないでしょうか。

 

合格率がだいたい全国平均6割ぐらいなのではないでしょうか。

 

私が国家試験を受験したのは、はるか昔です。

 

そのときに、どんな試験対策のための勉強をやっていたかといいますと、【国家試験の過去問をやっていました。】

 

今までの過去の国家試験の問題集をするのがいいでしょう。

 

過去問をやって傾向と対策を把握して計画をたててするという感じです。

 

私が受験したときは、たしかけっこう問題の出し方が複雑だったように思います。

 

分かりにくくなっているという印象です。

 

第56回臨床検査技師国家試験問題および正答について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/04/tp0414-5.html

こちらの厚生労働省ホームページに平成22年の問題と解答があるので、最近の国家試験の傾向、問題の出し方がどうなっているのか把握できると思います。

 

私は、徹夜を何回もするぐらい国家試験対策のための勉強をしていました。

 

実技試験はありませんでした。ペーパー試験ばっかりですね。

前後のページ